menu

GINZA SIX Spring「Open the egg」

身近な食材であるが故、「玉子」が本来は鶏の生命誕生の一段階である「卵」だと認識することは日常稀ですが、
春になると私たちは、外部環境から隔てられた壊れやすい殻の中で育まれ、殻を破って地球の空気を吸い込む
命の誕生の姿に、冬を耐え忍んで訪れる春のイメージを重ね合わせるのではないでしょうか。
また、変化を強いられる時に生まれる既存を超える新しさを「殻を破る」と例えます。
狭い殻から放たれた新たな生命の息吹は、軽やかに宙に踊り出し、初めて吹かれる風を受けて、伸びやかに広が
り様々な他の命も芽吹かせることでしょう。

卵白を泡立てふわふわのメレンゲへと変化する様子を、ドレスアップするライオンとプードルのヘアへと連想を
広げ、春の訪れとともに湧き上がる、戸外に誘われるような気持ちや、新しい何かとの出会う心浮き立つ喜びを
表現しました。

日々、玉子を食するごとく、心の喜びの卵を育みかえしたいものです。

GINZA SIX  Spring「Open the egg」GINZA SIX  Spring「Open the egg」GINZA SIX  Spring「Open the egg」GINZA SIX  Spring「Open the egg」GINZA SIX  Spring「Open the egg」GINZA SIX  Spring「Open the egg」GINZA SIX  Spring「Open the egg」GINZA SIX  Spring「Open the egg」
ページの先頭に戻る