menu

花々祭 2012

「光の庭」をテーマとし、光の絵画である印象派の、光の粒を何層にも重ねる手法を現代に解釈し空間に表現した。
重ね合わせた画像は、手書きの水彩画、CG のモデリング画像や、線画、写真などであり、素材は映像や透ける素材、金属などを取り混ぜた。
モチーフとなった庭の植物は、モネが日本の浮世絵にインスパイアされたように、カキツバタやアイリスが一緒になって咲き乱れるごとく、西洋と東洋の植物を混在させた。
メンズ館では、点描のように円形に切り抜いた花の画像を、何度も何度も繰り返し重ね合わせることでディスプレイの空間を演出した。

artwork : TYMOTE

花々祭 2012花々祭 2012花々祭 2012花々祭 2012花々祭 2012花々祭 2012花々祭 2012花々祭 2012
ページの先頭に戻る