menu

墨象

写真、書、タイポグラフィ、これらモノクロの要素によるビジュアル、「墨象」。
松の写真のシルエットは、線を描くように間を作り出し、ガラス面に実際に施した書は、一回性の中にある研ぎ澄まされた心地よい緊張感を作り出した。
白く発光する空間を黒い面で切り取り、生きた盆栽を逆光として影で見せたり、像としてデジタルで表現したり、既存のディスプレイに用意された空間を墨象で刷新した。
それらをファッションと融合させる事で、新年にあたっての店の気概を表現した。

artwork : artless

墨象墨象墨象墨象墨象墨象
ページの先頭に戻る