menu

彩り祭 2014 “空想百貨博物館”

15世紀から18世紀にかけてヨーロッパで作られていた様々な珍品を集めた博物陳列室「ヴンダーカンマー」からインスピレーションを受け、ウィンドーを歴史や知の権威を感じさせる博物館の展示室に見立てた。
実在の9人の収集家の世界観を独自に解釈してテーマを設定し、オブジェの集積によりモノと空間にストーリーを生み出した。
ある面には、空想上の生物を作品として制作するアーティストの展示室も。
知的好奇心を刺激するオブジェや商品の組み合わせで、イマジネーションを喚起した。
彩り祭 2014 “空想百貨博物館”彩り祭 2014 “空想百貨博物館”彩り祭 2014 “空想百貨博物館”彩り祭 2014 “空想百貨博物館”彩り祭 2014 “空想百貨博物館”彩り祭 2014 “空想百貨博物館”
ページの先頭に戻る