menu

Grobal Green 2014

廃材を使い、社会に貢献する価値のある商品の、それぞれのアピールポイントを、象徴的に空間に表現した。
廃材を用いることと、グリーンの着色という共通ルールで、全館のウィンドー24面、1面に1アイテムを個別にデザインした。
Grobal Green 2014Grobal Green 2014Grobal Green 2014Grobal Green 2014Grobal Green 2014
ページの先頭に戻る