menu

Season In A/W 2013

オブジェと影の関係性に、連想を呼び起こすようなストーリーを設け、現実と非現実が錯視として同存する空間を表現した。
平面上で容易な錯視を、空間において、2Dと3Dが同時に視野に入り、成り立つように、影のグラフィックのデフォルメと、空間へのレイアウトに配慮している。
オブジェと影の関係性に、連想を呼び起こすようなストーリーを設け、現実と非現実が錯視として同存する空間を表現した。
平面上で容易な錯視を、空間において、2Dと3Dが同時に視野に入り、成り立つように、影のグラフィックのデフォルメと、空間へのレイアウトに配慮している。

Season In A/W 2013Season In A/W 2013Season In A/W 2013
ページの先頭に戻る