menu

Once upon a time in Wonder Christmas

様々な動植物が幸せに暮らすという架空の国、ワンダーエデンを舞台としたクリスマスのストーリー第3話。
2011年は、日本の絶滅危惧種を含む動植物をキャラクターに、ワンダーエデンの創世記を、オリジナルのイラストによって白い世界として表現した。
日本画の絵巻の概念や、にじみ、ほかしといった描画の特徴に、西洋の感性を掛け合わせたイラストで独特の世界観を描き上げた他、ねぷたのオブジェや美濃和紙のオーナメントなど日本の素材や技法を取り入れ、21面のウィンドーを中心に全館で表現した。
Art / Klaus Haapaniemi
Once upon a time in Wonder Christmas
ページの先頭に戻る