menu

GINZA SIX 「into hope」

GINZA SIXでは新型コロナウイルスのための店舗休業後の営業再開に伴い、6月1日から、edenworksを主宰するフラワークリエイター篠崎恵美さんによるインスタレーション“Into hope”を展示しました。
小さな花が集まった“ハイブリット・スターチス”に込められたのは、「私たち一人一人が力を合わせて日常を取り戻せるように」という想い。なお、店内装飾からウィンドウ、雑誌、広告、CM、ミュージックビデオ、商品パッケージなど花にまつわるあらゆる創作を手掛け、そうした仕事の後に残った花と向き合い、普段からフラワーロス(破棄される花)の問題に取り組む篠崎さん。今回も展示をしながらドライフラワー化させる仕組みを通して、終了後も花を無駄にしないというメッセージも込められています。

詳細はこちら → https://ginza6.tokyo/news/76378

展示場所: 1F中央通りエントランス(4丁目側、7丁目側)、2Fインフォメーション

Art Direction: Pranks Inc.


To coincide with GINZA SIX reopening its doors, we have three installation artworks on display by Megumi Shinozaki, the flower artist behind Edenworks. Titled “Into hope,” the hybrid sea lavender is about “individuals working together to get our regular lives back.” She is committed to addressing flower waste. “Into hope” is designed so that the flowers gradually turn into dried flowers over time.

For more details visit https://ginza6.tokyo/news/76378 (Japanese only).

Her work was on display at both 1F entrances along Chuo-dori, Ginza’s main shopping street, and at the information desk on 2F.
(GINZA SIX HPより)

GINZA SIX   「into hope」GINZA SIX   「into hope」GINZA SIX   「into hope」GINZA SIX   「into hope」
ページの先頭に戻る